cart facebook instagram login menu search twitter user

COLUMN

2017/07/20

コツを覚えればとっても長持ち。ベルベットの楽しみ方


バゴンビーナオーダーや、バゴンギに使われるベルベットは、ロベルタの代表的な素材のひとつ。ベルベットはデリケートな素材だと思われがちですが、ポイントをおさえてお使いになれば、とても丈夫で長くお楽しみいただけます。今回は、そんなベルベットを長く楽しむためのコツをご紹介します。

雨に備えてエコバッグを


まず大切なのが、濡らさないこと。ベルベットにとって、雨は大敵。濡れてしまうと染みの原因になってしまいます。といっても、急に天気が変わって雨が降り出してしまうこともありますよね。そんなときのために、バッグがすっぽり入るサイズのエコバッグを携帯することをおすすめします。

普段は小さくたたんでバッグの中に忍ばせておき、雨が降っていたら、ぱっと開いてバッグを中に入れてしまえば、大切なベルベットを雨から守ることができます。万が一濡れてしまった場合は、できるだけ早く柔らかい布で水分を拭き取ってください。

使用後はブラッシング


普段のお手入れはとても簡単。使い終わったら、やさしくブラッシングするだけ。ヒストリカルベルベットは上質なシルクを使用しているため、柔らかい動物毛のブラシがおすすめです。ブラシ掛けをすることで、毛の間に詰まった小さなゴミやホコリを取り除き、毛並みを美しく保つことができます。

保管するときに気をつけること


ベルベットは湿気が苦手です。クローゼットの奥など、湿気の貯まりやすいところに長期間置いておくと、カビが生えてしまうことがあります。できるだけ風通しの良い場所で保管してください。数カ月に1回は保管場所から取り出すとよいでしょう。

そして保管するときは、必ず一番上に置くようにしてください。何かの下敷きにしてしまうと、ベルベットの毛が倒れてしまいます。

どんどん使うのが一番

ベルベットは貴重な素材だからとしまい込むのではなく、積極的に持ち出して使うことをおすすめします。それが、結果的に長持ちさせることにつながります。ベルベットは、親から子へと受け継がれるほど丈夫な素材。ポイントをおさえて、ぜひ長くお楽しみください。

RELATED PRODUCTS

ページ先頭へ戻る