cart facebook instagram login menu search twitter user

COLUMN

2017/06/09

大胆かつ繊細、イタリアと日本の職人技によるものづくり


  • ロベルタ直営店オリジナルラインは、創業者ジュリアーナ・カメリーノから受け継ぐイタリアのインスピレーションと、日本の職人の確かな技術によって生まれた、新しいロベルタの形。もちろん、すべてのバッグ・ウォレットがMADE IN JAPANです(バゴンギのみイタリア製)。


    日本の職人さんの特長は、何といってもその高い技術です。単に技術力があるだけでなく、実際に使うシーンをイメージしながら製品を形作っていきます。例えば、バッグを持ちあげときに入るシワを想像し、それを避けるために補強材を入れるなど、非常に細かいところまで気を配り、完成度の高い製品を仕上げます。


    一方、イタリアの職人さんは大胆さを持っています。例えば、制作過程でどうしてもシワが入ってしまうようなデザインをした場合。日本では「これでは裏返すときに完成品にシワが入るから、別の形状にしてほしい」という要望が上がってきます。一方、イタリアでは「多少のシワはバッグの味」とばかりに豪快に作ってしまうのです。こうした大胆さが、ときとして既成概念の枠を打ち破るような製品を生み出します。


    イタリアの大胆なものづくり、日本の繊細なものづくり。イタリア生まれのブランド、ロベルタが手がける「直営店オリジナルライン」は、そんなイタリアと日本の良いところを取り入れたものづくりを目指しています。



RELATED PRODUCTS

ページ先頭へ戻る