cart facebook instagram login menu search twitter user

COLUMN

2016/09/27

長くお使いいただくためのお手入れ方法


お気に入りのバッグは、長く使いたいもの。厳選された上質な素材を使用しているロベルタ ディ カメリーノのバッグは、適切にケアをすることで長くお使いいただけます。今回は、そんなお手入れの方法をご紹介しましょう。

使用後には、軽く乾拭きを
一日使ったバッグは、目に見えないほどのホコリや汚れが付いていることがあります。しまう前にさっと乾拭きをすることで、良好な状態を保つことができます。

バゴンビーナ オーダーに使われるシルクベルベット素材は、常日頃のお手入れとしてブラッシングをおすすめします。ブラシ掛けにより毛の間に詰まった見えないホコリを取り除き、毛並みを美しく保つことができます。大変デリケートな素材ですので、柔らかい動物毛のブラシを使い、一方向に優しくブラッシングしてください。

濡れてしまったとき
柔らかい布で、できるだけ早く表面の水を拭き取ってください。特に牛革は、染みになりやすいのでご注意ください。またシルクベルベットは濡れると毛足が倒れてしまい、通常の乾燥ではなかなか元に戻らないので、できるだけ濡らさないようお気を付けください。

汚れてしまったとき
汚れてしまったときは、素材ごとにケア方法が異なります。

牛革

牛革の汚れは、レザー用の消しゴムを使って部分汚れを落とすことができます。デリケートな革を使用していますので、力を入れすぎないようご注意ください。

PVC素材

アドリア、チェルシー、ルネッタなどのテキスタイル部分に使われているPVC素材は、とても耐久性が高く、ほとんどお手入れは不要です。汚れてしまったときは、固く絞った布でやさしく拭いてください。ひどい汚れのときは、中性洗剤をぬるま湯で薄めて拭き取ってください。

シルクベルベット

バゴンビーナ オーダーに使われているシルクベルベットは、基本的にクリーニングができません。汚れや染みに気をつけてお使いください。

革の定期的なケア
ロベルタ ディ カメリーノの製品には上質な牛革が使われています。革のつやが少なくなってきたと感じたら、保革材(中性タイプのクリーム)を薄くムラなく塗り、栄養補給をしてください。革に色つやが戻り、水染みやキズの対策にもなります。
※デリケートな革を使用しておりますので、目立たないところでお試しの上でご使用ください。

長期間保管するとき
風通しの良い、湿度の低いところに保管してください。イタリア製のバッグは、イタリアの風土に合わせて作られているため、日本では特に湿気に注意が必要です。お着物を虫干しするように、半年に一度くらい、保管場所から出して空気に触れさせることも長くお使いいただくために有効です。

また金属部分は湿気や油分が付いたままだとさびやすくなりますので、しまう前に乾拭きすることをおすすめします。


お気軽にご相談ください


有楽町のロベルタ ディ カメリーノ本店では、製品のお手入れ、クリーニング、修理などのご相談も承っております。お気軽にご相談ください。

RELATED PRODUCTS

ページ先頭へ戻る