cart facebook instagram login menu search twitter user

COLUMN

2016/07/21

ロベルタ ディ カメリーノ「公式直営店限定ライン」とは。

・ヴェニスに生まれたブランド


ロベルタ ディ カメリーノは、1945年にジュリアーナ・カメリーノ女史が創始したイタリアを代表するブランドです。

ヴェニスの裕福な家庭に生まれ、幸福な少女時代を過ごしたジュリアーナがデザイナーになったのはほんの小さな出来事がきっかけでした。
たまたま外出したときに携えていた革のバッグを見ず知らずの婦人に頼まれて売ることに。手にしたのは60フラン。 「このお金で新しいバッグを買いましょう。」しかし、彼女の望むデザインのバッグは見つかりません。それならばと、小さな頃から手芸が好きで腕に覚えのある彼女は、自分で革を仕入れ、婦人に売ったバッグと同じ形のバッグを作り上げてしまいました。
口コミで広がった評判を聞きつけて高名な皮革職人や、スイス一の人気デザイナーなどが次々とやってきては、彼女のアイデアを製品化したいと言ってきたのです。 ジュリアーナ・カメリーノがこうしてデザイナーとしての一歩を踏み出したのは、1943年のことでした。


・グレース・ケリーが愛したバッグ

彼女の自由な発想は当時のバッグづくりの常識を次々と塗り替えていきました。
れまでのバッグはあくまでも靴とのバランスにおいて従属的な役割を演じ、靴の色と合うものでなければならぬ、という不文律のもとで製造されていました。ところが、彼女が作ったバッグは底がなく、口が二つに割れる斬新なスタイルのものだったのです。
その独創的なものづくりのアイディアと優雅で高級感のあるデザインは多くの著名人からも愛されました。特に、ハリウッド女優であり後にモナコ王妃となったグレース・ケリーが公式訪問でローマに到着した際にその手にあった「バゴンギ」は誰もが欲しがる憧れのバッグになりました。



ハンドメイドで織り込んだ「バゴンギ」は世界中の女性の心をつかみ、ついに「ロベルタ ディ カメリーノ」の名は世界的ブランドとして人々の心に刻み込まれることになります。 


この成功を受けて、アクセサリー、靴、そして洋服へとジュリアーナの自由なデザインワークは広がりと充実を見せ、商業的にも成功を収めた彼女は遂に1956年、ファッション界のオスカーといわれるニーマン・マーカス賞を手にする栄誉に浴したのです。




・歴史と革新

ロベルタ ディ カメリーノ公式直営店限定ラインはロベルタの新しいかたちとして2016年春にデビューしました。


時代、国境、世代を超えて受け継がれるロベルタの伝統的なものづくりに現代的なエッセンスを加えます。
歴史に培われた、いつの時代も変わらない確かな価値のあるデザインと現代の生活にフィットする使いやすさ。
ロベルタ ディ カメリーノ「公式直営店限定ライン」はラグジュアリーで若々しいライフスタイルを発信します。

RELATED PRODUCTS

ページ先頭へ戻る